大学進学重視型単位制高校
       
創立99年の伝統         
     
平成30年度 国公立大学 7名合格
 

メニュー

校長挨拶学校の概要学校生活
授業紹介部活動学校行事生徒会各種委員会活動単位制のこれまでその他
豊高だより保護者のみなさまへ学校自己評価事務室より中学生のみなさんへ卒業生のみなさまへ過去のニュースアクセスマップサイトポリシー

いじめ防止基本方針

  • いじめ防止対策推進法 (平成25年法律第71号)
  • 埼玉県いじめの防止等ための基本的な方針 (平成26年1月)
に基づき案を作成し、PTA役員や地域の方々を含む学校評議員会、生徒を含む学校評価懇話会で検討の後、
次のように基本方針を定めました

豊岡高校いじめ防止基本方針.pdf


 

部活動に係る活動方針

358-0003
埼玉県入間市豊岡
1-15-1
電話 04-2962-5216
Fax 04-2960-1053
お問い合わせはお電話でお願いいたします。
豊岡高校を視察希望の方は教頭まで御連絡ください。
 
 
 
平成25年4月1日、埼玉県立豊岡高等学校は埼玉県立入間高等学校を統合し、新たに大学進学重視型単位制高等学校として開校しました。
 

2017 8/1-2 堂平天文台での観測合宿

 天文部は堂平天文台で校外合宿を実施しました。あいにくの雨でデータがとれず、とても残念です。まぁ、天気のことなのでしようがありません。
 星の緑の創造センター職員の大島様には、91cm望遠鏡を使った観測に備えて、明け方までスタンバイしてくださいました。また、すばる望遠鏡をはじめとして、世界で大型望遠鏡の設置候補地の条件検討に飛び回ったお話などしてくださいました。望遠鏡設置のための条件観測など貴重なお話を伺いました。お礼申し上げます。ありがとうございました。
 

上左 91cmを前に大島さんと記念写真
上右 自作ファイバー式分光器をセッティング。
下  望遠鏡建設にまつわるお話をしていただきました。富士山の標高を越える場所でのご体験や工夫など、興味深い内容でした。
 

2016 8/2-3 堂平天文台観測合宿

 天文部は中型望遠鏡を使った観測活動を過去数年間がんばってやってきました。今年はときがわ町の堂平天文台の口径91cmの望遠鏡を使わせていただくことになり、分光や撮像の準備を進めてきました。残念ながら雷雨や濃霧に見まわれ、予定した観測はできませんでした。しかし、参加部員はそれぞれ得たものがあったのではないかと思います。
 職員の大島様には講演会や一晩中待機していただいたり、たいへんお世話になりました。ありがとうございました。

 左上 ファイバー分光器を取り付けてみました。ばっちりです。
右上 大島さんはすばる望遠鏡の立ち上げに尽力された方です。主鏡の試作やドームの形を決める実験など、めったに聞けないお話をしていただきました。
左 イギリス式の赤道儀と91cm鏡をバックに記念写真。
部員の感想
・天気は悪かったけど実物に触れられてよかった。(1年次)
・大島さんのお話を聞けたのは価値があると思った(2年次)
・普段は体験できないことができたのでよかった。(3年次分光器担当)
・天候のせいで予定の事ができなかったのは残念だった。(2年次)
・星は見えなかったけど、関東平野の夜景が見えてよかった。(2年次)
・晴れなかったのは残念だったけど、できそうなことや現場の空気など感じることができた。(3年次)
 

2015 8/21-23 銀河分光観測in美星天文台

 8月21日から23日の2夜、近傍銀河とAbell2666銀河団の構造と天体運動を調べるための観測を岡山県の美星天文台で行いました。初日は雨でしたが、2日目は快晴の天気に恵まれなんとか目的の天体のデータを得ることができました。夏には珍しく瀬戸内海まではっきり見える秋のような晴天になりました。夜は圧倒的な星空のもとで、101m望遠鏡を使った分光観測ができました。101cmの操作を担当しない時間帯は自前のカメラで天の川の撮影や普段の活動では見ることができない南の星座の撮影など、天体観測を楽しみました。
 分光観測の指導を明け方までしていただきました綾仁天文台長さん、観測員の前野さんはじめ、天文台の皆さんには大変お世話になりました。ありがとうございました。
 また、この活動は科学技術振興機構の中高生科学部活動振興プロジェクトの支援を受けて実施しました。あわせて感謝いたします。
 
見上げている先には美星天文台の主力101cm望遠鏡。

 これ
PC3台を使って望遠鏡と観測装置を操作します。



観測した銀河のスペクトル
ドームをバックに。今回の観測隊(2年次生と1年次生)


食事も楽しいひととき。名物角煮を堪能しました。

天文台から見上げた空。圧倒的な星の数!

すぐ隣にスペースガート境界の望遠鏡もあります。

普通のカメラで撮影したアンドロメダ銀河。観測目標はこれより1000倍遠い銀河です。

参加部員の感想
・今回の合宿はリーダーとして参加し、とても貴重な体験をさせていただきました。自分は大丈夫なのかと不安ではありましたが、周りの支えもあり楽しい観測でしたので、自分にとってはよい思い出になったと思います。結果は100%満足のいくものではありませんでしたが、メンバー全員楽しく終えられたのではないかと感じています。次回があれば充実した観測になるよう願っています。(2年次観測隊リーダー)
・今回で2回目だったので、2夜目の作業も楽に感じました。肉眼で天の川が見えたときは、豊岡で見ていた夜空が虚しい物だったんだなと思いました。それほど素晴らしかったです。ぶどう直売所の方が気前よく1房追加してくださったので感謝しています。おいしかったです。(2年次)
・初日は曇ってしまい残念でした。翌日快晴でほっとしました。やはり今回の目標の銀河団はデータとるには暗すぎたですが、1年次生が選んだ銀河でちゃんと観測できたのでよかったです。これで本格的観測は最後かと思うと残念ですが、また別の機会にこんなことをしたいです。(2年次技術担当)
・肉眼で見えるほどきれいな星を見れてとてもよかったです。山の中の合宿でとても疲れたりしましたが、山の生活は大変だと痛感しました。(1年次)
・初日は曇ってしまいましたが、2日目はすごくよく晴れて見える星の数に圧倒されてしまいました。天体望遠鏡も見て、実際に操作して観測できたのでよかったです。貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました。(1年次)
・僕はここに来るまで銀河の観測の方法を全然知らずに来ましたが、天文台の方々が丁寧に教えてくださり、無事に終えることができました。ありがとうございました。(1年次)
 

2015 1/17,18 天文部銀河観測に成功

 天文部は岡山県井原市にある美星天文台の101cm望遠鏡を使って銀河の観測を行いました。たった一晩でしたが、満天の星に恵まれ観測対象に選んでいた銀河のすべてからデータを得ることができました。
 美星天文台の綾仁台長さん、直接指導していただいた前野さんほか天文台職員の皆様、ありがとうございました。


天文台に入る前に食事。名物の角煮定食。味もいいですが、量もすごい。

101cm望遠鏡で観望もしました。

観測は3台のパソコンを駆使します。

外ですごい星空のもと、写真を撮っています。

星に触れそうなぐらいです。

頑張った夜が明けていきます。充実感いっぱい。

今回の観測隊。2年次2人、1年次3人で行きました。

 この活動には科学技術振興機構のによる中高生科学部活動振興プログラムの支援を受けて実施しています。
参加部員の感想
・今回初参加でしたが、星がとてもキレイで感動しました。また、101cm望遠鏡はすごいと思いました。特に問題もなく楽しくできたのでよかったです。(岡本観測隊長・2年次)
・昨年みたいに雪が降ってきたので厳しいかと思いましたが、データがとれてよかったです。(Kくん・2年次)
・今回初参加でしかも最初は雪が降ってきて心配でしたが、すぐやんでデータもとることができてよかったです。途中で寝てしまったので次は頑張りたいです。(Kくん1年次)
・初参加で役に立てるかどうか不安でしたが、頑張れたのでよかったです。
・出ないかもと思っていた銀河の輝線がとれて最高です。(Sくん1年次)
 

2014 7/28,29 夏の銀河観測合宿

 夏の校外合宿として兵庫県立大学西はりま天文台での銀河の分光観測を行いました。国内最大の口径を誇る同天文台のなゆた望遠鏡とそれに取り付けられたMALLS分光器と撮像装置を使ってHCG92という銀河群とそのメンバーの銀河の分光観測を行いました。天気が危ぶまれましたが、夜半過ぎから快晴となり、予定していた銀河のデータを得ることができました。私たちに与えられたのは一夜でしたのでほんとにラッキーでした。
 初日少し時間ができたので、国宝姫路城も見学しました。また、天文台サイトに着いたときには、幻日と天頂環アークという珍しい大気現象も見られました。
国宝姫路城と今回の観測隊。

 天頂環アーク。丸い虹が空の真上にできる大気現象。
 
国内最大口径のなゆた望遠鏡で得られた銀河のスペクトル。相手の銀河の運動が読み取れます。

新井さんとなゆた望遠鏡をバックに記念撮影
望遠鏡の大きさにご注目ください。
新井研究員による分光観測の基本のレクチャー
今回の観測のメインサンプルHCG92
ステファンの五つ子として有名な銀河群です。

M31とM33 (Fくん)

入り乱れる暗黒星雲 (TDくん)

 西はりま天文台のスタッフの皆さん、特に研究員の新井さんには当日はもちろんですが、準備段階から事前にサンプル天体の検討をいただくなど、貴重な時間を割いて指導していただきました。ありがとうございました。
  また、この活動には(独)科学技術振興機構より「中高生の科学部活動振興プログラム」の支援を受けて実施しました。あわせて感謝いたします。

参加部員の感想
・今までにも合宿に行ったけれど、今回は1夜限りの観測で、結構心配でした。今までは2夜だったので1夜目がダメでも次の日があると余裕があったけれど、今回はそうではなく、もし雲がかかってデータの採取が出来なかったらどうしようと思い心配してました。天気予報はコロコロと変わって晴れであったり、雨であったりでとても気にしてましたが、なんとか観測時には晴れていてちゃんとデータの採取ができてよかったです。(観測隊長・2年次Fくん)
・今回の観測は幸いにも快晴で、最初から観測することが出来て良かったです。とても綺麗な星空を見ることも出来て楽しかったです。(2年次Kくん)

・今回の体験では巨大な望遠鏡を操作して、いろんな事をみて、学びました。予定のデータをとることができ大成功で終わりました。(1年次TDくん)
・初めての合宿でした。とても大変でしたけど、貴重な体験ができたと思っています。僕が住んでいる地域では周りが明るいため、中々夜空の星を見ることが出来ず、日によっては一つか2つしか見えないこともしばしば。しかし、西はりま天文台で見た夜空は圧巻で、星が数えきれないぐらいありました。多分僕は、そこで初めて肉眼で天の川を見たと思います。それくらい空は綺麗で、少し肌寒かったですけど、大切な思い出になりました。
 口径2メートルのなゆた望遠鏡は良いデータをとってくれたと思います。 また機会があれば是非とももう一度行かせていただきたいです。 本当に貴重な体験でした。(1年次TMくん)
・予報では天気が余りよくなかったけど晴れてくれてよかったです。(2年次Aくん)
 

2014 1/5-7 冬の銀河観測合宿

 1月5日ー7日に岡山県にある美星天文台(岡山県井原市)で銀河の分光観測を行いました。 初日は公開観望会に参加して101cm望遠鏡で圧倒的な迫力の天体観望を楽しみました。夜中は天気予報でも言ってなかった雪が降ってきてデータはとれませんでした。次の夜は快晴となり、また部員たちが観測天体を分担して明け方までよくがっんばって観測したおかげで、予備に準備したサンプルも含めて120%の観測達成率となりました。ドームの外ではオリオン座の横を流れる冬の天の川やカノープスなど学校では観察できない夜空を堪能しました。
 
分光の仕組みを簡易分光器で学んでいるところ
観測室から望遠鏡を操作して観測します。研究者にでもならないと体験できない活動です。薄着ですが、外は氷点下・・。
台長の綾仁さんから直々の指導を受けました。分光器の制御法を学んでいるところ。
めったにみられない101cmの反射鏡もみせていただきました。
大きな望遠鏡本体
観測で得た超新星残骸の分光データ
近所(といっても15分近く歩く)の食堂で
双子座の中の木星(山本くんの撮影)

今回の観測隊
  
【参加部員の感想】
 ・前回の時の仙台ではできなかった観測が今日はできてよかった。初日は不運にも悪天候だったけど二日目が晴れてよかったです。
 ・観測初日は雪が降って観測ができなかったけれど、次の日は晴れて観測できてよかったです。このような貴重な体験をまたしたいと思いました。
 ・仙台では見れなかったきれいな星空が見れて楽しかったです。観測も勉強になりました。
 ・今回はじめてこのような体験をして、とても楽しかった。最終日は晴れてよかった。
 ・初めての合宿で(悪天候もあったけど)無事観測ができ、きれいな星空も写真に納めることができ、とてもすばらしい体験ができました。
 ・今回の初めての本格的観測で、初日が曇りでついていませんでしたが、二日目は快晴となり満足行く観測ができました。また、埼玉では見られない星たちも見ることができました。今回の観測データをしっかりと生かして、研究に取り組みたいと思います。(観測隊長・山本くん)
 
 観測にあたり、美星天文台長の綾仁様、技術職員の前野様には観測中いろいろとサポートをしていただきました。ありがとうございました。
 この観測には科学技術振興機構中高生の科学部活動支援プログラムの支援を受けています。
 

2013 8/1-3 夏の銀河観測合宿

 夏の銀河観測合宿を行いました。
 
 
日時  8月1日から3日まで
場所  仙台市天文台
機材  ひとみ望遠鏡(口径1.3m)の分光装置、撮像装置
目標  銀河団HCG92の各メンバーの運動
     近傍の渦巻き銀河の構造と回転運動の関連
 
   
左 ひとみ望遠鏡 ミラーカバーを開いたところ           右 観測室で観測装置の操作をしている部員
  
 2晩とも曇り、または小雨の降るあいにくの天候となり、データは得られませんでした。長い時間と労力をかけて観測リストを作ってきたわけですが、残念な結果となりました。でも、1年次生は初めての本格的な機材を目の前にしました。観測がどんなものなのかつかんでもらうだけでもよかったのかなと思っています。
  
 初日が雨で観測できませんでしたので、津波被災地の見学に行きました。ニュースでも取り上げられた語り部タクシーのガイドで仙台市の荒浜地区、名取市の閖上地区、空港など見学しました。復興とはほど遠い状況に、なにか感じてくれていればいいのですが(顧問の気持ち)。
 
   
  左 荒浜地区の防潮林 葉のないところまで津波が・・     右 荒浜地区に残された鉄筋の建物 木造家屋はほぼすべて流失
 
 お世話になった人たちと観測隊のメンバー
 
    
  左 ひとみ望遠鏡のドームをバックに 台員の長谷川さんと   右 仙台空港で 語り部タクシーの常磐井さんと
 
部員の感想
始めての合宿で、どのようにやるのか楽しみだったのに、天候が悪く観測が出来なくて残念でした。ですが、天文台の中を見て仕組みを少し知ることが出来ました。 次回は、天気が晴れていて湿度が低くあり、観測が充分にできる状態でやれたらいいなと思いました。 1年男子
 
豊高祭最新情報

 

令和元年6月1日
豊高祭


ご来場
ありがとうございました!

詳細はこちら
 

お知らせ

     緊急情報

緊急情報ページはここをクリック


   緊急情報へのQRコード
 
 

華道部作品コーナー


 

今月の1問(数学科)

今月の1問(6月)の問題を、
数学科のページへ掲載しました。
是非、チャレンジしてみましょう。
 

令和2年度入学生用学校案内

 令和2年度入学生用 学校案内
 
以下の文字をクリックするとそのページが
ご覧になれます。
 p2-p3(校長挨拶・学校概要)
 p4-p5(単位制・教科指導)
 p6-p7(進路指導)
 p8-p9(部活動)
 p10-p11(学校行事)
 表紙・裏表紙