大学進学重視型単位制高校
       
創立99年の伝統         
     
平成30年度 国公立大学 7名合格
 

メニュー

校長挨拶学校の概要学校生活豊高だより保護者のみなさまへ学校自己評価事務室より中学生のみなさんへ卒業生のみなさまへ過去のニュースアクセスマップサイトポリシー

いじめ防止基本方針

  • いじめ防止対策推進法 (平成25年法律第71号)
  • 埼玉県いじめの防止等ための基本的な方針 (平成26年1月)
に基づき案を作成し、PTA役員や地域の方々を含む学校評議員会、生徒を含む学校評価懇話会で検討の後、
次のように基本方針を定めました

豊岡高校いじめ防止基本方針.pdf


 

部活動に係る活動方針

358-0003
埼玉県入間市豊岡
1-15-1
電話 04-2962-5216
Fax 04-2960-1053
お問い合わせはお電話でお願いいたします。
豊岡高校を視察希望の方は教頭まで御連絡ください。
 
 
 
平成25年4月1日、埼玉県立豊岡高等学校は埼玉県立入間高等学校を統合し、新たに大学進学重視型単位制高等学校として開校しました。
 

校長挨拶

  「地域に根ざし、豊かな人間性を培う進学校」これが本校の目指す学校像です。
 本校は大正9年に開校され、東京オリンピック・パラリンピックが開かれる2020年には創立百周年を迎えます。卒業生数も2万4千余名にのぼります。埼玉の西部地域にあってこれほどの歴史と伝統を有することからも、地域に根差した高校として、この入間を中心とする地域社会の発展に寄与してきていることは間違いないといえるでしょう。こうした歴史と地域の期待を背負い、グローバル化と多様性に柔軟に対応していく人材に育てることが求められる中、進むべき方向を「大学進学重視型の単位制高校」に定めて6年、目標に向けてひた走る、智勇兼備の骨太な若人に育成していくことを目標にしています。
校長 町田邦弘
 そのためにも、単位制のもつ豊富な科目選択や少人数授業を大いに活用し、綿密な履修指導によって進路希望に応じたカリキュラムを展開します。もちろん最も大事な基礎力は1年次でしっかり身につけ、2年次からは進路希望に応じた多様な教科・科目選択と少人数授業で実力をつけます。授業以外にも、「豊高ゼミ」など、充実した進学講習を行い、生徒一人ひとりの進路希望実現を全力でサポートします。さらに早朝から自習室を開放するとともに、インターネット利用の学習サイトを推奨し、自学自習を積極的に支援する環境を整えています。進路行事でも立志講演会や大学の教授による講義や大学視察などを行い、広い視野に立つ進路意識の啓発を図っています。

 また、生徒たちは、伝統ある学校行事や部活動など学校生活に積極的に取り組んでいます。インターハイでの優勝をはじめ、様々な分野での表彰が相次いでいることからも、その活発さが見て取れるでしょう。これらの活動をとおして心と身体を鍛え、豊かな人間性を身に着けた立派な「豊高生」へと育っていきます。部活動加入率は各年次80%から90%です。伝統の生徒会本部役員や委員会の生徒たちもチームワークよく熱心に活動しています。

 青春を部活動や生徒会活動で謳歌しながら、学業も確実に修め、自身の進路を切り拓いて行ける、明るく楽しく着実に成長できる確かな進学校です。中学生の皆さん、豊岡高校の仲間になりませんか。皆さんの入学をお待ちしております。

 
 
 

日誌

校長だより >> 記事詳細

2019/04/08

平成31年度第1学期始業式での校長講話を紹介します

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者

新2年次生、新3年次生の皆さん、進級おめでとうございます。平成31年度1学期がスタートしました。春休み中、部活動や「豊校ゼミ」など活発な活動が行われましたね。空調工事の関係で皆さんには不便をおかけしますが、しばらく辛抱してください。9月には快適な学習環境を提供できる予定です。
 また、豊高祭が6月開催と例年と異なるスケジュールです。きびきびと準備を進めていただき、質が下がらないよう努めていただきたいと思います。

 

さて、5月1日からは元号が令和に改まります。本校の歴史では創立99年目を迎えました。また、進学重視型単位制高校に生まれ変わって7年目に入ります。学力向上と進学実績の向上が着実に進んでいます。来年度は創立100年という大きな節目の年になります。地域の方々の注目と期待がますます高まります。皆さんは豊岡高校の歴史の傍観者ではありません。豊高の歴史をつくる主体です。皆さん一人一人の心がけと頑張りが、輝かしい歴史をつくっていくことを忘れないでください。

 

8日月曜日には新入生が入ってきます。進学重視型単位制高校に期待を寄せて入学してくるはずです。皆さんもそうだったと思います。学校が提供する学習指導や進路指導をしっかりやっている人は、自分の実力が着実にアップしているということを実感しているのではないでしょうか。実力アップしてないという人がいたら、どこか自分に甘いところがあったりしませんか。もう一度自分の夢や目標を確認してみましょう。志の大きさ強さが学習意欲の原動力になります。学校を信じ、素直な気持ちで臨みましょう。ある大学の先生は、実力アップ、進路実現には素直さが大切だとおっしゃっていました。忍耐強く継続してやっていきましょう。毎日の学習習慣、勉強時間を確保する工夫も大事です。学習の振り返りと自己チェック、模擬試験などは分析をしっかりやっておくことが弱点を補強します。これらを自己管理するためのツールとして、「豊高手帳」は大変良くできています。これを存分に活用してください。

 

市内の中学校の先生とお会いすると、豊高の卒業生がずいぶんいらっしゃることに気づきます。市役所をはじめ各方面で卒業生が活躍されています。ですから、本校に寄せる期待がとても大きいことがわかります。中学校の先生は、皆さんの学力向上と進学実績の向上に期待していることはもちろん、人間性豊かな大人に成長してもらいたい、地域に貢献する大人になってほしいとおっしゃっています。

ここで本校の教育目標をもう一度確認しておきましょう。「豊高手帳」の1ページ目にあります。

1 自ら学び主体的に考え判断し、行動できる生徒の育成

2 心身を鍛え、未来をたくましく生き抜く生徒の育成

3 社会性・協調性を備え、地域のリーダーとなる生徒の育成

大学等の進学は大きな目標ではありますが、人生の通過点です。本当に大切なのは、その先の人生をどのように豊かに送っていくか。ここに掲げた目標は、正にそのためのものです。

 

 目標には大きな目標があり、それに近づくための小さな目標がいくつもあるものです。皆さんには一つ一つ小さな目標をクリアし、少しづつ実力と自信をつけていき、大きな目標を達成してもらいたい。

古代ギリシャの哲学者アリストテレスはこんなことを言っています。

 「人間は、目標を追い求める動物である。目標へ到達しようと努力することによってのみ、人生が意味あるものとなる。」

 この1年が、皆さんの人生の中で大いに意味のある1年となるよう、努力をし続けてもらいたいと思います。


16:48 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)